ママによるママのための、栃木発情報発信ウェブメディア

子育てを楽しもう! Pick up ママと~く

学び

外遊びができない梅雨こそ子育てサロンへ行ってみよう♪

投稿日:

子育てサロンの母子梅雨の困りごとの1つが、子どもの遊び場。家遊びばかりだと子どもも飽きてしまいますし、かといって雨の中でかけるのも大変ですよね。

そんなときこそ、子育てサロンや児童館がおすすめ!

おもちゃや遊具で遊べるのはもちろん、施設ごとにいろいろな行事やイベンも開催しているし、サロンなら育児のプロに子育て相談もできるんです!

新しい友だちや情報交換もできるかもしれませんよ♪

「子育てサロン」と「児童館」の違いって?

子育てサロンで遊ぶ親子

子育て世代の遊び場、交流の場としてよく耳にする「子育てサロン」と「児童館」。

実は違いがあるって知っていましたか?

子育てサロン

子どもは0歳から概ね3歳くらいまで。子育て中の親子が対象です。子育て中の保護者同士の仲間づくりや、子どもの遊び場づくりを目的としています。育児相談にのってくれる相談員が常駐しています。

児童館

子どもの対象年齢は18歳未満。児童厚生施設の一つで、地域で児童に健全な遊びを与え、健やかに、情緒豊かに育つことを目的とした施設です。プレイルームや屋外遊具を備えています。

育児の困りごとは「宮っこ子育てコンシェル」へ!

宇都宮市内の公立の子育てサロン7カ所に配置されている「宮っこ子育てコンシェル」。

保育の専門家が、幼稚園や保育園、認定こども園や一時預かり、病児保育などの子育て支援事業の中から、最適なものが選べるようアドバイスをしてくれます。

もちろん離乳食や発達の悩みなど、育児全般の悩み相談にものってくれますよ♪

『サロン中央』の宮っこ子育てコンシェル、荒井さんにコメントをいただきました!

サロン中央の宮っこ子育てコンシェル荒井さん宮っこ子育てコンシェル 荒井さん

「私たちは育児の相談について『これがいいよ』とはいいません。いくつかの選択肢をお伝えして、ママやパパが意思決定できるようサポートします。どんな答えを選んでも、私たちが寄り添って支えていきますから安心してください。悩みの内容によっては専門機関のご紹介もできます。時には祖父母、時には父母、時には友だちのように。他人には言えない、夫婦ゲンカの愚痴もお聞きしますよ。『来てよかった』と思ってもらえる場所を提供しています。ほかのサロンにもぜひ足を運んでみてください。」

「サロン中央」のポイント♪

子育てサロンのイベント

荒井さんに「サロン中央」のポイントを紹介していただきました♪

ポイント1:保護者同士の交流をお手伝い!
お子さんの年齢やママ・パパの出身地などを聞いて、共通点のある方たちとお話できるようアシストします。初めてのサロンは緊張すると思いますが、どこのサロンもみなさんが楽しく過ごせるよう配慮しています。

ポイント2:はじめての方でも安心◎とても良い雰囲気♪
『サロン中央』に来るみなさんはとても親切。お互い声をかけあって、とても良い雰囲気です。

ポイント3:月齢にあわせて、遊び場のすみわけができています。
『サロン中央』は広々しているので、思う存分ハイハイもできます。来ているママさんたちが配慮してくれるので、自然と「ゴロゴロゾーン」「ハイハイゾーン」「トコトコゾーン」のすみわけができています。

ポイント4:さまざまなイベントを開催♪
各サロンで行われるイベントは宇都宮市のホームページにも載っていますが、各サロンに行かないとわからない行事も実はあるんですよ。

サロンを利用しているママたちも「とても過ごしやすい」「ほかのママさんや先生と話がしやすい」「とても温かい雰囲気」と、子どもと一緒に充実した時間を過ごしているよう!

まだ遊びに行ったことがないママ・パパ・子どもたちは、ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

おすすめ記事一覧

1

生活応援情報マガジントチペで毎月好評連載中の「Pick up ママと~く」。 みんなでワイワイ離乳食づくりをしたり、図書館に行って絵本の読み聞かせをしてもらったり、音楽教室で体を動かしてみたりと、毎月 ...

2

「子育てを楽しもう! Pick upママと~く」は、生活応援情報マガジン「トチペ」による、栃木県で子育て奮闘中のママによるママのためのコンテンツメディアです。トチペ誌面・Web・SNSを通じて、子育て ...

-学び
-,

Copyright© 子育てを楽しもう! Pick up ママと~く , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.